ここでは、私自身がこれまで試してみた方法の中から、
一連の流れになるものをピックアップしてまとめてみました。

基本パターンを作っていく際の参考に、まずはここから始めてみて下さい。
(^^)

まずは基本となるポイントを押さえましょう

入口となる基本のマンスリー

物も情報も、1ヶ所に集めることが頭を整理するポイントです。
まずはマンスリーを入り口と決めてスタートしてみましょう

◯ 手帳のマンスリーの書き方のコツ。ポイント2つを押さえて快適に

◯ 手帳のマンスリーの書き方ポイント。自分以外の人の予定を書き込む時は?

マンスリーとウィークリーを併用する

鳥の瞳と、虫の瞳。使い分けてより便利に。
書き忘れ防止や、書けなくて白くなった時に、リズムを戻すためのコツは、手帳タイムを作ること。

具体的な手順が決まっていると、より進めやすくなりますよ。

◯ 手帳のマンスリーとウィークリーの活用法 週に一度これをやって効率アップ!

◯ マンスリーからウィークリーへ転記する時の具体例

TODOを整理しよう

書き出したらバランスを見る

・仕事ばかりになっていませんか?
・友人、家族、大切な人との時間は取れていますか?
・いつか、、そう思って延び延びな事はありませんか?

たった一言のメッセージで、心が温かくなったり、優しい気持ちになれたりします。

そんな時間はきちんと取れているか、確認してみましょう。
TODOリストは作ったあとが大事

「実際にいつやるのか?」
ウィークリーの時間軸に落とし込んでみましょう。

この段階で、無理ならやめたり、日を改めたりと対処を考えます。

そうやって調整しておけば、追われる側から主体的に時間を使う側に変われます。

ウィークリーを活用する

今週、今日、これだけはやる!
1週間ってあっという間に過ぎます。

追われたり何もできなかったと落ち込んだり。。

そんな過ごし方を辞めたいと思ったら、目標・目的を明確にしてみましょう。

◯ あっという間の人生をより大事にするために。ウィークリーでできること
※準備中

ガントチャートを活用する

◯ ガントチャートって?こんなメリットがあるんです
※準備中

◯ ガントチャートの使用例 どんな目的で使いますか?
※準備中

◯ ガントチャートに予定を落とし込む
※準備中

◯ ガントチャートを使ってゆとりを生むための一工夫
※準備中

私はちゃんと前に進んでいる

日々の満足感をあげる、一言コメント。ウィークリーの一番下や、メモページ、あるいは時間軸に。

  • 今日あった良かった事、嬉しかった事など
  • もちろん、怒りや悲しみでもOK

人生の中で1度きりしかない、今日の自分の足跡を手帳に残してみて下さい。

そこに刻まれるのは、

「他と比べなくていい、自分の道を歩く自分」

これを参考に、あなたにとって一番の使い方を見つけて言ってくださいね(^^)

この積み重ねが残ることで、他人と比較しないあなただけの人生が刻まれていきます。

心に余裕をうむ一歩をぜひ(#^^#)

その他の使い方などはこちら>>トリノメ手帳の使い方

お客様の声

お客様の声をご紹介しています。