手帳のマンスリーとウィークリーの活用法 週に一度これをやって効率アップ!

マンスリーに書いた予定がウィークリーに書いてない!

っていうか、そもそも手帳に書くのを忘れてた!!

そして、だんだんモチベーションが下がって
手帳がまっしろになっていく・・・・(-_-;)

特に使い始めて3ヶ月位たったころ。
誰しも身に覚えがあることじゃないでしょうか。

効果絶大な手帳タイム

こんにちは。

構造と一級建築士20年の実績!

やさしい数字・分析・計画で
事業主様のビジネスアイディアをカタチにする〈スケジューリング・サポート〉

トリノメライフ 
タテエツこと、立石エツコです。

・ マンスリーに書いた予定がウィークリーに書いてない!
・ っていうか、そもそも手帳に書くのを忘れてた!!

そういう事は誰にでも起こりえます。
私もキャパ以上の事が起こってきたら
おちいる事が何度もありました・・・。

そんな状態を改善したからこそ
わかるんですが大事なのは、

そこでそのまま終わらないで、
通常のリズムに戻すこと

その時に効果絶大なのが

「週に一度の手帳タイム」

なんです。
この手帳タイムは以下の事をやっていきます。

1)ありったけの未チェック書類などを準備
2)マンスリーへの予定の書き忘れがないか?のチェック
3)マンスリーに書いた予定を、ウィークリーに書き写す

普段の手順をご紹介しますね。

ありったけの未チェック書類などを準備

忙しいと、ついつい

後でチェックしよう~

後で見よう~

と、書類などの処理を後回しにしがちです。

なので、そういうものを普段から
トレーなど場所を決めて入れておきます。

この時は、

どこかに隠すなどスッキリした見た目は逆効果。
目につかないものは忘れる!

と、心得ましょう。

多少かさばりますが、手帳カバーにセットできるクリアファイルなどにまとめてしまうのも一つの手です。

以前、ネットショップで購入したカバーは、A4サイズ用紙が挟み込めるようになっているのでなかなか便利(*´∀`*)

手帳タイムでは、そういった書類を全部1か所に集めてきます。

マンスリーへの予定の書き忘れがないかチェック

例えば

  • 家族から聞いていた予定や、
  • スマホにとりあえず入れた予定など。

まだ書いていない予定を書き込みます。

集めてきた書類もチェック。
子供の学校のプリントなども、この時に確認します。

参観日やお弁当が必要な日などに
気づくことも。
チェックして書き込みます。

学級だよりや、学校のお知らせは

「図工で使う卵のパックを準備しておいてください」

とかチラッと書いてあったりするので油断禁物です(笑)

行事の出欠確認表など、提出が必要なものも、
この時にまとめて処理します。

単調な事務処理はまとめてやると効率がいいです(*´∀`*)

マンスリーからウィークリーに書き写す

予定のチェックが終わったら、メインイベント(笑)

マンスリーに書いた予定をウィークリーに書き写します。ポイントは

今週・来週・再来週の分まで書くこと

理由は簡単です。

「1週間はあっという間にすぎるから。」

せっかく書いても、気がついたら
次の真っ白な週がやってきます。

その時に、

  • ある程度予定を把握しているのと、
  • まっさらな状態から確認するのでは、

心のゆとりが全然違います

これ、本当です。

時間を大切に効率よく動く意味でも
全然違ってきますから、

ここは心がけておくと良いですよ。
(^^)

手帳タイムの手順

1)マンスリーとウィークリーを並べます

トリノメ手帳は分冊なので、マンスリー部分とウィークリー部分をヨコに並べて見ることができます。

些細なことですがこれ、とても便利なので実感して見てくださいね(*^^*)

2)休日を囲む

お休みになる部分をマーカーなどで囲みます。
私は休日をグリーンで囲むと決めています。


使っているマーカーはゼブラのマイルドライナー。
今は、ダイソーのソフトマーキングペンも使っています。

マンスリー 2ヶ月

これで、色が入りました(*^^*)

3)マンスリーから予定を転機します。

・ 仕事や学校など、時間が決まっていること
・ 振込など、期限があること
・ その他わかっている予定

これらをその時間に合わせて書き込んでいきます。
移動がある場合はその時間も忘れないように。

手帳ウィークリー

4)今週やることの把握と、時間軸への落とし込み

やらないといけないことや抱えている事を、
書き出して把握します。

そうしたらその中から、
「今週やること」を手帳の左スペースに書き写します。

ウィークリー左端

5)書き写したらもう一手間

具体的に、

1週間の中でどこでやるのか

時間軸へ落とし込みます。

こうやってスケジュールに組み込んでいくことで、

「あ、ちょっと無理そうだな・・・」
「これなら大丈夫そうだな」

というのが「見える化」されますから
ついつい詰め込むクセがある人も
気がつくことができるようになります。

ついつい詰め込むクセがある人・・・って、
以前の私のコトですが(苦笑)

これを、

今週・来週・再来週の分までやる

すると、先がかなり見通せるようになります。

目の前のことに必死で、

「あれを忘れた!これを忘れた!」

そんな失敗も激減するんですよ(*^^*)

「毎日きちんと」でなくてもかまいません。

1週間に1回。
どうしても無理な時は2週間に1回でも。

手帳タイムを取ってみてくださいね。

あなたのやりたいことが着実にできる毎日を
応援しています(^^)

トリノメライフ無料メールマガジン

副業・起業・個人事業主の方がタスク整理や優先順位つけ、
家庭と仕事のバランスを取るために手帳を活用するコツや、

行動し続けることでやりたいことが着実に実現できるようになるためのヒントをメールでお届けしています。

ぜひご登録ください!