ママの手帳は世界にたった1つ。真っ白な表紙を活かしてみた!

こんにちは!

商品サービスを
スムーズに届ける仕組み作り

PC苦手な事業主様のための
IT&リザスト設定サポーター

トリノメライフのタテエツこと
立石悦子です。

我が家の子供たちは、

創造力や発想力がパーンと
弾ける時があるみたいで、
特に保育園のころはそれに備えて、
出かける時にはノートとペンを
持ち歩いていました。

もう、2年前ですが、
「絵が書きたい!!」

出かけた先の、昼食の待ち時間に子供が言い出しました。

たまたま、その日はノートを忘れてしまって(-_-;)
手帳のメモページを開いて渡したんです。

「↑ここになら書いてもいいよ」

あっという間にページはいっぱいになりました。

「・・・・お母さん、ここに書いてもいい?」

え!!それ表紙じゃん!!!(゚д゚)!

そう、トリノメ手帳の表紙はなんにも書いていない真っ白。

本当は自分でデコレーションしようかと思っていたので、
一瞬ためらいましたが、まあ、いいか(笑)

「いいよ。書いてみたら?」
「やったね~♪ありがとう♪」

そして、ものの数分でそこもいっぱいに。

美しさとか、可愛らしさとか、こう、インスタ映え的(笑)な感じとはかけ離れてしまいましたが(^^;)

きっとこれは「あの日 あの時」じゃないと生まれなかった表紙。そして、

もう2度と同じものは作れない、世界にたった1つの手帳の表紙。

どんどん成長していく子供たち。興味を持つものも変わります。

美しさとか、可愛らしさとか、そういうものよりも大事なことって、あるよねぇ・・・

そんな思いでしみじみ眺めたのでした。

大切な時間を切り取った、大事な表紙として、
宝物にしておきたいと思います(*^^*)

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!