笑う門には福来たる。悩んでいる時の切り替えポイント2つ

vol.34

あんな、タテエツさん。どんな時でも笑ってたら何とかなんねん。”笑う門には福来たる”って言うやろ?あれはほんまやで。

その日から、鏡の前に立って、必ず一度笑うと決めています。
それが私の幸運のマイルールです(^^)

こんにちは。

やりたい事が着実にできる毎日を設計する
未来に羽ばたくスケジュールデザイン

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

私は大学を卒業してから、すぐに地元の設計事務所で働き始めました。

建築の仕事は、全てが一期一会のオーダーメイド。用途や形状が似ていたとしても、まったく同じものはありません。一件ごとに初めて出会う問題や課題がでてきます。

一つ一つ乗り越えるのにそれはもう必死でした。悩み過ぎて「夜寝られない」という事も実は、多々ありました。

子どもが生まれたら、生まれたで、楽しさが増えますが、やっぱり悩むことも増えるんですね
(^^;

たいちゃんと私

仕事のこと、お金の事、健康の事に人間関係。

生きていれば。そして何かしようとすれば。必ず壁にぶつかったり、悩んだり落ち込むことは出てきます。これは避けられません。

そんな時に覚えていていただきたいことが2つあるのでお伝えしますね。
(^^)

1)悩むことは良いことです。

「悩む」っていうのは、今までの経験では対応できない事に出会って、脳が混乱している状態でもあります。

解決策を検索しても、脳の中にデータがないので、エラー状態になってるんです。逆に言うと

「新しい能力を身に付けようとしている時」
=レベルアップの絶好のチャンス!!!

ここを超えると、レベルが上がって、視点もこれまでより少し高くなります。

前回、こうやってやったから、今回もこれでOKと思ったら、全然うまくいかない。一体どうしたら良いんだろう?

前回こうやった。っていうのは、無意識に、考え方や物の見方が固定されてしまっている状態です。

でもそれが通用しないから悩む。悩むから、別の考え方や見方をすることが必要になります。

すると、昨日までとは違った自分になれるんです。

真っ只中はちょっと苦しくても、大チャンス!ぜひこの機会にレベルアップして下さい!

2)笑えるアイテムをいくつかもっておく

冒頭にも書きましたが、「笑う門には福来たる」っていう話。

これは、以前私が悩んでいる時にかけてもらった言葉なんですが、これは本当です。

悩んでいるんだから笑えるわけないじゃん!!!

そんな声も聞こえてきそうですが(^^;)
一瞬でも一秒でもいいから

「忘れられる瞬間を作る」

ということが重要なんです。

長男が小学生の時作ったはにわです(笑)

人は、何かにはまり込んでしまうと、自分の状況が見えなくなります。
解決策がすぐ近くにあっても見えなくなるんですよね。(もったいない!)

そこから抜け出すには、

ほんの1分1秒でもいいからそこから離れること。
そして、感情もそこから離れることが必要です。

そのために「笑う」というのが効果的なんです。

冒頭でご紹介した、「鏡を見て笑顔を作る」というのも効果ありますが、それが出来ない時のために、日々「笑うスイッチ」を持っておきましょう。

3)私の「笑うスイッチ」

気持ちの切り替えに私がよく聞くのが、
ラジオ番組。

地元広島のローカル番組や「オールナイトニッポン」みたいな全国放送まで。

今は、「ラジコ」というアプリもありますから、
リアルタイムでなくても、放送を楽しめますし、
エリアをまたぐことも可能です。

音声なので、部屋の掃除をしながらとか、
BGMとして聞けます。

ローカルなら地元ならではの濃い情報や、
馴染み深いトークがありますし、

全国版は知らない話題も盛りだくさん。

その時間は肩の力が抜けてリラックスできるんですよ(^^)

好きな舞台や映画にライブ、読書もオススメ

舞台、ライブ、映画を見ること、読書もオススメです。
見ている時間はどっぷりとその世界に浸る事ができますから、気持ちの切替効果が抜群です(^^)

繰り返しになりますが、悩むこと自体は決して悪いことではありません。

大事なのは、そこから何かを得て次の行動に活かすこと。

そしてそこにハマり続けないことです。

レベルアップのチャンス、
大事に生かしてステップアップしてくださいね。

あなたのやりたいことが
着実にできる毎日を応援しています。
(^^)

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

トリノメライフの最新情報や視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください