旅行や帰省の準備に活用 忘れ物や失敗防止に便利な持ち物リスト

あ!コンタクトの洗浄剤忘れてきた!

あ!牛乳の宅配止めるの忘れてた!

・・・と、こんな事が、大体1回は起こる我が家(=私)の帰省。

その度に、行き先で買ってたりしたら、もったいないですよね・・・

連休のお天気

こんにちは。若竹夏夕(かゆう)です。
やりたいことが着実にできる毎日を設計するスケジュールデザインをお伝えしています。

さて。

仕事が忙しいと、ゆったりと帰省の準備が出来ないこともあります。
出かける朝になって、バタバタと慌てて準備して。

いざ出発してから忘れ物に気がつく・・・・。なんてことも。

そんな経験を何度かしたので、心がけるようになったことがあります。

経験を活かしたチェックリストを作ってみよう

帰省や旅行から帰ってきたら、振り返ってみてリストに書き出します。
項目としてはこんな感じ↓

  • なくて困ったもの
  • あって助かったもの
  • 次回持っていこうと思うもの
  • 新聞の配達をとめるなどの連絡事項
  • お土産の数

実際に経験したことを元に作るので、
まさに自分仕様、我が家仕様。

身にしみてわかった事や、忘れていて
困った経験も次に活かすことができます。

チェックリストのメリット

帰省や旅行って、我が家の場合はそんなに頻繁ではなくて

「年末年始」「GW」「お盆」の3回が基本。

法事など、特別に集まる機会があれば別ですが、大体こんな感じです。

という事は、間隔が空くので前回のことって忘れてしまうんですよ(汗)

あ!こないだも新聞止めるの忘れてたのに、
またやってしまった。。。。。

あ~!去年の冬、腹巻きあった方が
いいなあって思ってたのに、、、!!

こんな、「やってしまった」事も、
チェックリストとして書き出して残しておけば、

同じ失敗・忘れ物防止になります。

それに「何がいるんだっけ?」と、最初から考えなくて済むし、

「この間はこうしたけど、これもあればいいかも!」

と、ちょっと発展させて考える余裕も生まれます。

小さな事ですが、このストレスが無くなること、余裕が生まれることって、とてもラクになるんですよ♪

ちなみに、仕事でもチェックリストを作っておくことは役に立っています。

関連記事>>「サザンアイズ」と「不滅のあなたへ」に学ぶ仕事中の現実逃避の防止対策とは

チェックリストにオススメな付箋

さて、どうやって作るのか?ですが。

項目が複数あるので、ゆったりと自由に書けるサイズがオススメです。

大きすぎてもジャマになるので、私のオススメは7.5cm×7.5cm」のサイズ。

100円ショップ「セリア」で売っている物が、パッケージや色合いも好みなのでよく買います。

色味が強いと使いにくいので、淡い黄色をいつもチョイス。

コスパ最強(笑)

↓ネット通販でも100円ショップと同じくらいのお手頃価格のものが沢山あります♪

チェックリスト付箋は手帳のどこに貼る?

こうして作ったチェックリストですが、私は

「次回、帰省する頃のウィークリーページ」

に貼っています。

これは毎日過ごしている内に、
必ずそのページをめくる日がやってくるから。
という独特のこだわり(笑)

一般的には手帳の巻頭、または最後のフリーページかな。
自分で見つけやすいところに貼ってくださいね。

あ、剥がれないようにマスキングテープで補強しておくのがオススメです。

まとめ~帰省や旅行がラクになるチェックリスト作り~

持ち物、やっておくことをリストアップ
(例:新聞を止める、お土産を買うなど)

大きめの付箋に書き出す(7.5cmx7.5cmが便利)
・手帳に貼っておく(次回帰省ごろ、もしくは巻頭・巻末)
・マスキングテープで補強

余裕を作って、楽しい帰省や旅行を楽しみたいと思います(*^^*)

帰省や旅行の後は、思い出を手帳に残しておくのも楽しみの1つ。

旅の思い出を手帳に残そう!私のメモページの使い方という記事でも書きましたが、
私はメモページを思い出アルバム代わりによく使います♪

関連記事>>旅の思い出を手帳に残そう!私のメモページの使い方

投稿者プロフィール

若竹夏夕(かゆう)
若竹夏夕(かゆう)
トリノメライフ 代表
トリノメ手帳・製作
やりたい事を着実にできる毎日を設計するスケジュールデザインをお伝えしています。

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

トリノメライフの最新情報や視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください