設計・パーソナルトレーナー・家庭教師にも。ガントチャート初心者さん向け 記入例

vol.10

今日は、子供のことで相談するために専門家の方の所へ伺いました。

場所がわからなかったので
事前に地図で調べて、

駐車場の場所も確認して
万全の体制で出かけました(^^)

こんにちは。

やりたいことが着実にできる毎日を設計する
未来に羽ばたくスケジュールデザイン

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

道に迷ったときに便利なのが地図。

・どこに向かっているのか?
・今、自分がどこにいるのか?
・どういうルートがあるのか?
・どこを通れば最短でたどりつけるのか?

・駐車場やコンビニはどこにあるのか?

こういった事がひと目でわかると、
無駄にあっちこっちと迷わなくてすみますから、

時間はもちろん、体力や精神力も
大幅な節約になります。
(^^)大事なことです!

手帳は、ちょうどこの地図にあたります。特に、

色んな種類の複数の仕事が同時進行する時

に、便利なのがガントチャート。

関連記事>>トリノメ手帳

今回は、

複数の仕事が同時進行する時のガントチャートの使用例

についてご紹介します。

例えばこんな業種に

ガントチャートはどんな業種でも状況でも便利に使えます。
あえて例としてあげるなら。

・建築設計
・現場工事
・イベントスタッフ関係者
・パーソナルトレーナー
・家庭教師・・・・

などなどなどなど。

共通して言えるのは、

複数の案件が同時進行する
そして、それぞれを把握しておく必要がある

こと。

冒頭で出た地図のように、

「全体をみながら、どこからどこに行くのか?」
「それぞれの道がどのように交差しているか?」

そういったことを把握する状況にある方にオススメです。

左端の欄にプロジェクトや案件の名前を

左端に受け持っている案件を書き出します。

建築関係なら、「物件名」「プロジェクト名」

イベント関係者なら「イベント名」
もしくは、1つのイベントに対する
「広告」「会場」「備品」みたいな「業務名」でもOK。

パーソナルトレーナーや、家庭教師など、
お客様が複数いる場合は「お客様の名前」など
が、当てはまります。

締切がある場合は記入する

提出や、報告など、「締め切り」や「期限」

これがある場合は、記入します。

枠を赤で囲む

など、一工夫すると目立ってわかりやすくなります。

自分の中の(仮)期限を設定する

それぞれの締め切り・期限を書いたら、

その手前に自分の中の(仮)期限を設定します。

これは私が会社員時代に始めたことなんですが、
言われた通りの締切ではなく、

実際よりも早めに期限を設定することで、
良い意味でのプレッシャーを自分にかける

んです。

これは、仕事の段取り力アップはもちろんなんですが、

予定外の事態に対応するため。

でもありました。冬場だと、

子供が急に熱を出して仕事を休む・・・

なんてこともありますから^^;

下の写真の場合だと、

本当の締め切りは20日だけど、
自分の中での締め切りを17日に設定

しておくわけです。

休む日は前もってブロックする

期限・締め切りを前倒ししたら、

仕事を休む日、出来ない日を前もってブロック

私の場合は斜線を引いています。

「結婚式に出席する」など、自分の予定も書いておいて、

そこは休む前提にしてからスケジュールを組む。

これを意識していきます。

自分で決めた仮の締切から逆算して
実際に行動できる日数を出して行くと、

より具体的に行動が早められるのでオススメです。
(^^)

スケジューリングに大事なこと

これはマインドの部分でもありますが、

「休めたら休もうかなあ」

だと、

ほぼ休めません(苦笑)

「できるかなあ」じゃなくて「やる!!」

「休めるかなあ・・」じゃなくて

「そこは絶対に休む!!」と決めきること。

決めきった人には運が向いてきます。
そういう方向に動いて行きます。

スケジュール管理って、細かい
具体的なテクニックはもちろん必要ですが、
それよりも必要なのは

「絶対にこう動く!」と決めて、
信じ切るマインド

だったりします。

それは、

「自分の人生は自分で決める」
「自分の行動や意識に責任を持つ」

ということでもあります。

私もそうだったからよくわかりますが、

「仕事だから仕方ない・・・」
「こどもが、、」

とかを、言い訳に使いがちです。

でも、本気で何とかしようと思ったら、
だいたい何とかなるんです。

想像していたような悪いことも
ほぼ起こりません。

だからプライベートを大切にする日は先にとって
残りでどうするかを考えるように心がけましょう。

ガントチャートは全体を把握できるので
その調整をしやすいのがメリットです。

ぜひ参考になさってみてくださいね。

関連記事>>トリノメ手帳

あなたのやりたいことが
着実にできる毎日を応援しています!
(^^)

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

トリノメライフの最新情報や視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください