「手帳に記載の暦を、行事や仏事の目安にしています」30代 男性

こんにちは。

構造と一級建築士20年の実績!

やさしい数字・分析・計画で
事業主様のビジネスアイディアをカタチにする〈スケジューリング・サポート〉

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

私の作っている手帳を購入してくださった
30代の男性の方から、こんなメッセージをいただきました。

母が月遅れ盆や送り火などの雑節がある手帳を使い、
行事や仏事の目安にしていました。

ありがとうございます(*^^*)

普段は意識しませんが、季節の行事や仏事の際には暦って重要ですよね。

トリノメ手帳には月遅れ盆の記載はないのですが、

六曜
二十四節気
雑節
年中行事

これらを載せています。

六曜(ろくよう)は、大安とか、仏滅とか。

例えば、「結婚式は大安がいい」みたいな、縁起を担ぐ時に使われるのが一番馴染み深いですね。

「今どき、そんなの別に気にしないし、いらないんじゃない?」

そんな意見もあるかもしれません。

でも、「縁起がいい日に行動する」

それだけで気持ちが晴れやかになるなら、決してムダではないし、エネルギ―になる!と、私は考えています。

必要最低限だけじゃなくて、毎日の暮らしに彩りをそえてくれる大切なパーツ。

だから、私の手帳は、六曜も標準仕様にしています(*^^*)

トリノメライフ無料メールマガジン

副業・起業・個人事業主の方がタスク整理や優先順位つけ、
家庭と仕事のバランスを取るために手帳を活用するコツや、

行動し続けることでやりたいことが着実に実現できるようになるためのヒントをメールでお届けしています。

ぜひご登録ください!