防災の日ローリングストックが続かなかった我が家の対策は

9月1日は防災の日ですね。

こんにちは!

商品サービスを
スムーズに届ける仕組み作り

PC苦手な事業主様のための
IT&リザスト設定サポーター

トリノメライフのタテエツこと
立石悦子です。

自然災害や地震も多い最近。
非常用持ち出し袋を用意したり、
日頃から食料備蓄をしている方も
多いと思います。

我が家も食べざかりの男の子が
2人もいますし、夫は自営業。

カンペキな備えなんて
ないのは分かっていますが、

それでもいざという時、
心と身体の健康を守れるように、
できることはしておきたいと思っています。

食料は7日分を用意してはいるけれど

一応、家族7日分の食料と水
用意していまして、
A4のファイルボックスを7日分並べる
ローリングストック
を実践してきました。

画像引用元:防災ニッポン
備蓄はどれくらい必要?1週間を乗り越えるためには

・・・なんですが、

・A4のファイルボックスに、
 4人家族1日分の食料が入り切らない。

・ローリングがうまくできなかった

という悩みが出てきたんです。

「ローリングがうまくできない」

本当は週に1度、非常食の日を作るとかして、
1ボックス分まるごと中身を新しく入れ替えれば
ローリングできるんですけど、

例えば、

・朝食として用意していたカロリーメイトだけ
ボックスから適当に抜いておやつに食べていたり

・週末の子どもたちだけの昼食に、
レトルトカレーなどを適当に食べてもらったり

こういう事が起こるので、

どのボックスの、何が足りなくなっているか?
何をどこに補充すれば良いのか?

わからなくなってきたんですよね
(;・∀・)

ええ。
これは私のズボラ加減が原因ですけど
(爆)(;・∀・)

なので、今回の防災の日にあたって、
入れ替えました!

それがこちら↓

朝:カロリーメイト+野菜ジュース
昼:缶詰
夜:レトルト食品+お味噌汁などのスープ系

というくくりで、

それぞれ4人分✕7日間=28個ずつ
用意して収納しています。

※お水やお米、果物の缶詰などは
別の場所に備蓄しているのでここには
写ってません。

もちろん、食料はこれだけではなくて、

麺類だったり、乾物類、
ツナ缶のような食材としての
缶詰などもありますし、

冷蔵庫や冷凍庫の中にも野菜や
お肉、魚などはあります。

それは日々の食事の準備で使うので
非常食とは別扱いです。

1日分ごとではなく、種類別にしたことで、
全体量が把握しやすくなりましたし、
スペースも食器棚の収納引き出し一つに
まとまりました。

食料に限りませんが、

「非常用」「防災」と、名がついた途端
値段がバーンと跳ね上がって、
家族分用意するのはむずかしくなります。

なので、スーパーなどで普通に買える
一般的なものを備蓄。

消費期限は半年から1年程度がほとんどですが
それでも我が家の場合は十分。

防災備蓄も含めて、

日々の自分の暮らしを整えておくことは
自分のビジネスに集中するためにも
大切なこと。

自分にあった方法で整えておきたいなと思います。
(^^)

トリノメライフ
タテエツ

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください