カリキュラムのある「◯回連続講座」をリザストで作って販売する方法

今までは依頼を受けて開催する、セミナーや講演会がメインだったんです。

でも、コロナをきっかけに、依頼されるだけじゃなくて、自分で仕事を作るようにならなくちゃ!って気づいて。

それで、オンラインでできる、「全◯回 講座」を作って販売したいと思ってます。リザストは使えますかね?

・・・と、こんなご質問をいただきました。

もちろんできますよ~~!ヽ(=´▽`=)ノ

というわけで、今回は

リザーブストックを使って、全◯回 といった継続講座を作る基本手順

についてお伝えしたいと思います。

こんにちは!

商品サービスを
スムーズに届ける仕組み作り

PC苦手な事業主様のための
IT&リザスト設定サポーター

トリノメライフのタテエツこと
立石悦子です。

定期開催セミナーを作成する

カリキュラムのある「全◯回」というセミナーは、いろんな分野で作ることができますよね。

今までに積み重ねてきたキャリアや学びが、サービスとして提供できたら、あなたのメインサービスとしてビジネスを進めていくことができます。

リザストはその際にももちろん活用できます。

今回は、実際に作っていく基本手順を1つ1つ解説していきますね(^^)

定期開催セミナーの新規作成

左側メニュー
→イベント・グループ予約
→定期開催セミナー
→画面右下にある「定期開催セミナーの新規作成」をクリック

以下の必須項目を入力していきます。

・セミナーの名前
・誰に向けて開催するのか?
・参加するメリット
・ジャンル

必須項目を入力し終わったら「保存」ボタンで保存しておきましょう。

ランディングページを作る

詳しい内容をお客様に伝えるための「ランディングページ」を作ります。

ヘッダー画像の設定

ページのヘッダーに表示する画像を選びます。リザストには、サンプル画像がたくさん用意されているので、しっくり来るものがあれば、それを使ってOKです。

もし、自分で撮った写真や、ヘッダー画像があって、そちらを使いたければ、

「自分で撮影した画像を使う」

からアップロードすることができます。

画像を選んだら、必ず「画像URLの保存」を押して保存しておきましょう。

保存はとにかくこまめに!大事です。

イベント案内文の作成

「イベント案内文」というのは、「ランディングページ」と呼ばれる、商品やサービスの案内のことです。

どこに何を書いたらいいか?

という目安が、サンプル文章として入っています。

・なぜこのイベントをするのか?
・キャッチメッセージ
・どんな人に参加してほしいか?
・この案内を呼んでいる方へのメッセージ
・見せたい写真
・持ち物、注意事項、お申込み特典など
・さいごに伝えたいメッセージ

必要な部分だけピックアップしてもいいですし、丁寧に書いてももちろんOK。

後から書き直しができるので、とりあえず下までスクロールして「保存」してから次に進んでも大丈夫です。

開催日を追加する

これで、定期開催セミナーの枠はできあがりましたので、開催一覧を追加していきます。

メニューの左から3番めの
「開催一覧と追加」
→セミナーを開催する
と進みます。

「セミナーを開催する」をクリックすると、カレンダーのページに移ります。
開催したい日付の「+追加」をクリックしましょう。

イベント内容の設定

今回は、全5回の講座を作るので、サブタイトルの欄に「第◯回 手帳講座」と入れておきます。

必要な項目を入力したら、さいごに「登録」を押して完了です。

この後に設定する項目

この後にも、設定する項目があります。主なものはこの3つ。

・申込後の画面編集
・入力項目の編集
・確認メールの編集

これは、定期開催セミナーの他、単発イベントやセミナーなどでも共通なので、別のページで解説したいと思います。

セミナーをコピーして必要な回数分作ります

メニューの中から「複製して作成」を選ぶと、設定などもそのままコピーができます。

クリックするとカレンダー画面になりますので、追加したい日付を選んで「+追加」します。

先ほどと同様に、「イベント内容の設定」画面になりますので、サブタイトルに

「第2回 手帳講座」

など、回数別のタイトルを設定しましょう。終わったら「保存」を忘れずに。

これを必要な回数だけ繰り返せば、「全◯回」の講座の完成です。

「メニューの開催一覧と追加」で、全体のスケジュールを確認することができます。

一覧は見れますが、サブタイトルに設定した「第◯回」というのは表示されないのがちょっと残念・・・。

開催日をクリックすることで、内容を見たり変更・修正することは可能ですので、必要に応じて確認しましょう。

お客様が見る申込画面はこんなイメージ

トップのヘッダー部分

開催日程一覧はこんなイメージ

有料開催の支払い方法

定期開催セミナーを無料で開催する場合は、決済についての設定はもちろん必要ありません。

有料で開催する場合は、決済の設定が必要になります。

各回ごとに支払っていただく場合

各回のメニューに「決済金額」という項目があります。

「決済金額追加」のメニューから

項目名:第◯回 受講費
金額:5,000(円)

と、入力して追加をすると、毎回支払いになります。

一括・または分割で払っていただく場合

毎回の支払いでも良いんですが、

「毎回支払いじゃ、手間がかかる・・・」

「ついつい、次の回の申し込みを先延ばしにしちゃって、結局フェードアウトしてしまった、、、」

「一括払いの方は、少し割引価格にしてあげたいなあ。」

なんて事もありますね。

こんな時は「契約サービス管理」を使いましょう!

契約サービス管理の設定

左側メニューの
「契約サービス管理」から
→ 契約締結サービス一覧
→ 右下にある、オレンジのボタン
「契約サービスの新規作成」をクリック

・サービス種別
→今回は期間契約、分割払いを選択
・サービス(商品)名
・こんな人にむけてやります
・どんなふうになってほしいですか?
これらを記入しましょう。

・支払い間隔
→毎月払いなら1ヶ月。それ以外なら数字を記入します。

・1回の請求金額

・一括支払いの金額

→もし、

「本当なら10,000円✕5回=50,000円なんだけど、
一括払いしてくれたら、少し割り引いて49,000円にしたい。」

なんて言う時は、ここで設定します。

・初回請求金額

→ 入会金6,000円、初回支払金額10,000円
→ 翌月からは、毎月10,000円支払い

 
みたいな時は、初月だけ16,000円になりますよね。
そんな時はここで設定します。

・課金回数
・支払日

その他、必要項目を記入したら、最後の「新規登録」を押して保存します。

(細かな決済連携などはまた別記事で)

定期開催セミナーと決済システムを連携する

定期開催セミナーと決済システムを連携する、なんていうと、むずかしく聞こえますが、つまりは、

「支払いをしてくださったお客様に、講座の予約ページを案内する」

ということです。
(^^)

「契約サービス管理」から
→ 契約締結サービス一覧
→ メニュー名(今回は手帳講座)
→ 上のメニューのメール編集
(上の段の左から4番め)

画面の下に進むと、
「最初の支払い確認後に送信されるメール」があります。

この本文の中に、定期開催セミナーのリンクを貼ることで、支払いが済んだお客様に、予約ページをご案内することができます。

文章は、ご自身のサービスに合わせてピッタリくるものに変えてくださいね。
ヽ(=´▽`=)ノ

メインサービスになるような継続講座を作って、あなたのビジネスを加速させましょう!

ここまで、リザーブストックを使って、全◯回 といった継続講座を作る基本手順についてお伝えしてきました。

講座の回数や、開催ペース、お支払い回数や方法によって、細かな設定が変わってきますので、今回はあくまでも基本部分としてお伝えしました。

今回ご紹介しきれなかった部分については、また別記事でご紹介したいと思います。

内容や期間、価格がしっかりしたビジネスのメイン商品ができると、その後のビジネスが進めやすくなります。

ぜひ活用してくださいねヽ(=´▽`=)ノ

悩んだり、迷ったりした場合は、【単発】あなたのメルマガスタートを応援!『リザスト設定』マンツーマンレッスンも、ぜひご活用ください。

それでは。
本日も良い一日をお過ごしくださいね!

トリノメライフ
タテエツ

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください