作業効率をグーンとアップするのにオススメなのはタイマーよりも◯◯◯◯◯◯◯◯

おはようございます!

トリノメライフ
タテエツこと、立石悦子です。

2月16日から確定申告の受付が始まりましたね。

このブログを読んでくださっている方は
個人事業主の方も多いので、
今、まさに準備している方も
いるかもしれません。

私が会社員をしていた時は、
経理担当の方いたので、
何もかもおまかせしてましたが、

個人事業主になってみると、
細かく毎日つけられないことも多くて。
^^;

慌てて3ヶ月分くらい、
領収書の整理や会計ソフトへの
入力をする、、、なんてことも(苦笑)

※毎日きちんとつけましょう(自戒)

でも、人って、追い込まれた時に
絶大な力を発揮しますよね。

夏休み30日分の宿題を、
最後の1日で死ぬ気でやり切れたり(笑)

※毎日きちんとやりましょう(笑)

ちなみに、

「人間が追い込まれた時にすごい力を発揮する」

のは、生き物としてそういう風に
できているから。

例えば、車を運転している時に、
急に人が飛び出してきたとします。

この時、選択肢は2つだけです。

・ぶつかるか
・避けるか

「どっちにしようかな~?」

なんて、考えて迷っていたら
間違いなく事故=命の危険になります。

なので、

瞬間的に人間の脳の処理能力が
爆発的に上がって行動できる

ようになるわけです。

制限がかかると人間の能力は爆発的に上がる

これをうまく利用すると、
時間が上手に使えるように
なりそうだと思いませんか?

はい!正解です!
(^^)

主に2つあるのでご紹介しますね!

  • タイマー(アラーム)を使って制限時間を決める
  • ストップウォッチを使う。

両方とも、制限時間を決めて取り組む。

という意味で役立ちます(^^)

ただ、、、

できたら、ストップウォッチがおすすめです。

どうしてかというと、

例えば宿題を思い浮かべてみましょう。


タイマー(アラーム)の場合は、
15分とか、時間内に終わらなかったら
「終了」のアラームが鳴ります。

すると、終わってなくても、
そこで集中力が切れちゃうんですよね。
(汗)

一旦きれてしまった集中力を
もう一度同じレベルまで復活させるのは、
すごく大変です。

ストップウォッチだと、
制限時間を意識しつつも、

最後まで集中力をジャマすることなく
やりきることができます。

試してみてくださいね(^^)

それでは。
今日も良い一日をお過ごしください。

トリノメライフ
タテエツこと、立石悦子

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください