春と冬の同居する季節「沢水こおり堅める」

おはようございます!

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

北海道の紋別に流氷が接岸したという
ニュースが届きました。

画像引用元:tenki.jp

そんなところから、今日は
季節の七十二候のお話です。
(^^)

「沢水腹堅める」(さわみずこおりつめる)

2020年から2021年にかけての
寒波は厳しかったので、

「川が凍った」という話を、
広島の県北でも耳にしました。

「流れている沢の水でさえ凍ってしまう」

という意味から、

1月25~29日は、
1年を72の季節に分けた
「七十二候」でいうところの

「沢水腹堅める」
(さわみずこおりつめる)

という季節に当たります。

今年は中止になっていますが、

北海道では例年、雪まつりの
準備が行われる時期で、

オホーツク海沿岸では
流氷が見られます。

でも、本州を南に下ってくると、

関東あたりでは、梅のつぼみが
ほころびはじめて
春の訪れを感じます。

「沢水腹堅める」(さわみずこおりつめる)

という季節は、

春と冬という、
相反する季節が同居する季節

でもあるんですよね。
(^^)

あえて白黒つけないことも大切

「全く正反対のものが同居する」

こういったことは、実は
身近によくあります。

ついつい私達は、

AかBか。
正しいか、正しくないか?

と、白黒つけたくなります。

ワクチンをうつべきか打たないべきか?

総理大臣はよくやっているのか、ダメなのか?

みたいな対立って
よく見かけませんか?
^^;

「正解はどっちなんだろう・・・?」

と、ついつい悩むことも
あるかもしれませんが、

そこにこだわって悩む時間、
実はもったいないのです。

だって、自然ですら相反するものが
同居しながら、季節の流れを
作っているんです。

Aという考えも
Bという考えも、
どっちも正しいと思う。

でも、今この時点では
Aというのを試してみて、
それからBに行ってみようかな。

これくらいの柔軟さをもつと、
イライラや不安が驚くほど
消えますし、

振り回されることが
ぐーっと減りますので、
時間が有効に使えますよ(^^)

心の穏やかさを保って
大切な時間を豊かに過ごして
行きたいですね(^^)

それでは、今日もどうぞ
良い一日をお過ごしください。
(^^)

トリノメライフ
タテエツこと、立石悦子

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください