七草から教えてもらう大切なこと。1月6~10日芹乃栄う(せりすなわちさかう)

こんにちは(^^)

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

昨日は1月7日。

七草がゆを食べた方も
いらっしゃるかもしれませんね。

あなたはいかがでしょうか?
(^^)

芹乃栄う(せりすなわちさかう)

1月6日~10日の間は、1年の季節を72に分けた
『七十二候』でいうところの、

芹乃栄う(せり すなわち さかう)

という季節にあたります。

芹(せり)が盛んに生えている様を表していますが、
自然に茂るのは2月頃。

春の七草は、

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずな
  • すずしろ

ですが、

日本は東西南北で、季節のおとずれや
気温に差がありますから、

地方によっては1月はまだ育つ時期じゃなくて、
七草が全部そろわないこともよくあったそうです。

「じゃ、どうしていたか?」

あなたはどうしていたと思いますか?
(^^)

実は、

『その土地土地で採れる、身近にあるもの』

で、七草がゆを作っていたそうです。

THE・ご当地七草(笑)

そもそも、平安時代は

「きび・ひえ・ごま・小豆」など、

7種類の穀物をいれてお粥を作っていたそうなので

「絶対これが正解!」

と、考えなくてもOKですね(笑)

七草に限らず、いわゆる

「王道」「決まりごと」「マニュアル」

って世の中に沢山あります。

もちろん、受け継がれた決まりごとも
大事だとは思います。

だけど、もっと大切なのは、

その根底にある「本来の意味」や「気持ち」を大切にすること

ではないでしょうか?

七草がゆで言えば、本来の意味は

「今年一年の無病息災を願う」こと。

王道の七草でなくても、

身体をいたわり、

幸せと健康を願いながら、

笑顔で食べることができたら。

もう、それで十分ではないかなと思います。
(^^)

・・・と、

こんなに七草について語ったのに、

子どもの希望で、我が家の夕食はカレーでした。

なんでやねん(笑)

それでは。
本日も良い一日をお過ごしくださいね
(^^)

トリノメライフ
タテエツこと、立石悦子

トリノメライフ無料メールマガジン

副業・起業・個人事業主の方がタスク整理や優先順位つけ、
家庭と仕事のバランスを取るために手帳を活用するコツや、

行動し続けることでやりたいことが着実に実現できるようになるためのヒントをメールでお届けしています。

ぜひご登録ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください