結婚・一級建築士。ひたすら仕事に打ち込んだ日々【マイストーリー6】

夫と出会ったのは、就職した設計事務所でした。

後で知ったことですが、
実は大学が同じで、1年間は重なっていたので
構内で何度かすれ違っていたかもしれません。

これが「縁」というものなのかもしれませんね。

当時は事務所の中で
構造設計を担当する人数が少なくて、
計算用のプログラムや仕組みもまだまだ。
手書きで計算することも多かったです。

計算した資料を見やすくまとめて
誰がいつ見てもわかりやすい
「計算書」に仕上げるんですが、

この「資料をわかりやすくまとめる力」を、
ここでかなり鍛えられました。
今のサービスにもかなり活きています(^^)

当時はとにかくずっと働いていて、
残業に休日返上は当たり前。
お盆休みも、お正月も
無いのが当たり前なのが数年続きました。

当時は疑問を感じるヒマもなくて、
仕事そのものも、段取りも勉強も、
とにかく「やるしかない!」としか思ってなかったので、

大変ではあったけど、辞めようとか
キツイとかは、あまり思いませんでした。

夫とは、そんな仕事を一緒にこなしていたので、
「戦友」に近かったかもしれません(笑)

結婚式の前日もずっと忙しくて、
見かねた事務所の所長に、

「お前ら、明日結婚式なんだから、もう帰れ!!」

と、帰されたのは懐かしい話です(笑)

結婚式は広島で。
披露宴は夫の実家がある鳥取で行いました。

友人が作ってくれたウェルカムドラえもん(笑)
今も大切にとってあります(^^)

小さくしますが、一応証拠写真(笑)
自分が主役で目立つっていうのがもう、とにかく気恥ずかしくて ^^;

その後、新婚旅行でヨーロッパへ。
ドイツ・スイス・フランスを回りました。

なかでもドイツがすごく良かった!

結婚20周年の時には、もう一度行きたいですね。

ツアーだったので、早朝集合が多かったんですが、
仕事をしている時よりも規則正しく
健康的な生活だったという(笑)

普段どんだけムチャしてたの(笑)

その後、3回落ちて、4回目の受験だった2005年。
一級建築士に合格。

それは、奇しくもあの世間を騒がせた
耐震偽装事件の起こった年。

この事件を受けて、一級建築士の試験の難易度がさらに上がったので、まさに滑り込みでの合格でした。

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください