一人でも生きていける強さを求めて、建築へ【マイストーリー4】

「これからの時代は、女性でも
一人で生きていけるような職を
手にしてないとダメよ!」

幼いころから、母に何度も何度も言われていた言葉です。

若くして4人の子どもを抱えつつ
体は弱く、人間関係やお金のことなど、
色んな苦労を経験してきた母は、

同じ思いを子どもにさせたくなかったんだろうなと思います。

私自身はというと。
そんな母の思いもありましたし、

「幼い頃、住んでいた借家をからかわれた経験」だったり、
「欲しいものは自分で作ればいい」

という思いから、

「人が心地よく住める家を作る人になりたい」

と、建築の道へと進みました。

4年間の学校生活で得たものはとても大きくて、
今でも仲良くしている友人との出会いや、
尊敬できる先生との出会い。

ここでしかできなかった経験が沢山ありました。
(^^)

今名乗っている「タテエツ」という名前も、
学生時代の友人がつけてくれた名前なんです。
大切な私の宝物です(^^)(笑)

でも、、、実はここで、

「私は本当に建築がやりたいの?」

という、根本的な疑問に当たってしまったんです。。

そもそも私は「手に職を」という思いと
「人が住む家」という思いだったんですが、
設計の授業での対象は

・独創的で、
・デザインが優れていて、
・大きな公共施設だったり、
・社会な環境に影響のあるもの。

「日々暮らす身近な住宅」という意識だった私は、
興味が全然向かなかったんです。。。。

情熱を傾けて作品を作る同級生の横で、
なんとも言えない違和感を感じながら
図面を描いてはやり直しになる自分。

でも、学校まで行かせてもらったのだから、
本当に恵まれた環境にいるんだから、

きっちりと形を残して恩返ししなくては。

一人でも生きていける職を手にしなくては、
顔向けできない。

デザイン的な建築を手放し、
大学3年の時に構造計算という切り口へ転向。

就職は建築以外で2社内定したのですが、
会社の事情でなんと、2社共が取消に・・・

卒業まで1ヶ月を切った時に、
偶然ハローワークで見つけたのが
後に一級建築士・構造設計一級建築士を取得し、
夫と出会うことになる設計事務所だったんです。

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください