想いを表現する楽しさを知った同人誌作り【マイストーリー3】

「できるかな」のノッポさんの影響もあって、
(内部リンク ≫ マイストーリー1参照

工作や絵を作ることが好きでした。
体育は苦手だけど(笑)
図工や美術の成績は良かったし、
楽しかったです。それは、

欲しいと思うものは自分で作りだせば良い

という私の根っこになりました。

中学校の頃になると、マンガやドラマ、映画などを見ていて、

「私ならこういうストーリーにするのに」とか
「このセリフはこうだったらもっと幸せになるのに」

みたいな、
「欲しいと思う、自分なりのストーリー」を考えるうちに
マンガ家になりたいと思うようになりました。

当時流行っていたRPGゲーム、
「ドラゴンクエスト」のゲームキャラごとに、
オリジナルのスピンオフストーリーを
考えたりするのも楽しくて(^^)

そんな中、ふとしたきっかけで、

自分たちで本を作る
「同人誌」というものがある

こと知って、イラストやマンガを描くのが
得意な友達同士で、実際に本を作って、
イベントに出店して売ることを始めたんです。

「本を作る」と言っても
お金のない中学生ですし、
今のようにパソコンやプリンタも
ありませんから、

手書きの原稿をスーパーなどの
コピー機でコピーして、
自分たちで折ってホッチキスで止める。

そんなアナログです。

コピー機を何度もつまらせては、

「またあんたたちね!」

と、スーパーのおばちゃんに怒られたことも(笑)

とにかく時間を忘れるほど楽しかった思い出です。
(^^)

思い出の品

リアルでのコミュニケーションは
相変わらず苦手でしたが ^^;

絵や文章にして発信することは、
時間も空間もワンクッションおくし、

前に出ていくのは作品であって、
生身の私自身ではないので、
気持ちの面でもラクでした。

時間をかけて、作品を生み出すこと。

想いを形にすること。
表現すること。

それを、受け取ってくれる誰かに届ける楽しさ。

中学~高校時代に、味わった思いは

時間をかけて、PDFや手帳などのコンテンツを生み出すこと。

想いをブログやメルマガで文章という形にして
インターネットやSNSで表現すること。


それを、受け取ってくれる誰かに届ける楽しさ。

今、形を変えてそのまま引き継がれています。
(^^)

中学時代の同人誌作りが、今、自分の仕事につながっている。

人生って、面白いし、何一つムダは無いって、
改めて感じています。
(^^)

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください