ノッポさんが神様だった頃【マイストーリー1】

写真

私のこれまでのことや、

・どうして今こんな活動をしているのか?
・この仕事をしているのか?

お話したいと思います。
数回に分けていますので良かったらご覧ください。

私は生まれも育ちも広島育ち。
昭和52年12月に広島の五日市というところで生まれました。

2回の流産を経験していた母にとって、
無事に生まれたことがとても嬉しかったそうで、

「この悦びを奪うものはない」

という、聖書の一節からとって「悦子」という名前になりました。

とにかく物静かでおとなしい子で、
できるだけ家の中に閉じこもっていたいタイプ。

4人兄弟の長女だったので、

「お姉ちゃんなんだから」

という思いが強くて、甘えたいとか
アレがほしいとか、これがしたいとか、

そういう自分の意見はガマンするものだと
思い込んでいました。
(これ、長子あるあるかもしれないですよね)

そんな私が夢中になっていたのが、

当時NHKで放送していた「できるかな」という番組。

画像引用元:NHKアーカイブス

帽子とサスペンダーが特徴的な「のっぽさん」と、
おにぎりが大好きな「ゴン太くん」

ダンボールやビニール袋、
プリンの空きカップなど、

一見するとゴミになりそうな素材を、

次から次へと楽しいおもちゃや、
美しい作品に変えていく様子は、
まるで魔法のようで。

幼い私にとって、のっぽさんはまさに神様(笑)でした。

作ろうと思えば、なんだって自分で生み出せる。

それが心に根付いたのはこれがきっかけだなと思います。

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください