こうなるのは1000年後を解説してみる

人の心をつかんで一気に広がる、
いわゆる「バズる」ということがありますね。

2020年のクリスマス頃、こんな投稿がネットで広がったのをご存知ですか?

なんと足したら2020!

おはようございます。
トリノメライフのタテエツです。


私がこの記事を見たのはFacebookでしたが、
他にもあちこちでシェアされていました。
あなたはご存知でしたか?

今日は、自分の生まれた西暦の年と年齢を足すと、
世界中の人が皆、2020になるそうです。

今度こうなるのは1000年後だそうです!


これ、どういう意味かというと、

例えば、1970年生まれなら
1977+43=2020。

1980年生まれなら
1987+33=2020。 

「世界中の人が、みんな2020になりますよ~!」ということです。

私も最初、

「おおー!!」と、純粋に感激しちゃったのですが・・・

あなたはいかがでしょうか?
(^^)

「当たり前」の事実

 ちなみに、私の夫はこれを聞いて、即座に

 いや、当たり前じゃろ?(広島弁)

・・・さすがですね
^^;(笑)

どうして「当たり前」なのか、気づきましたか?

これは、逆から考えるとすぐわかるんですが、

西暦、この時で言えば「2020年」
ということは、全世界誰にとっても共通ですよね。

2020年ー自分の年齢=生まれた年(西暦)

これも共通です。
つまり、この式を入れ替えると、

2020=生まれた年+自分の年齢

生まれた年と今の年齢を足せば、今年の西暦になるって、ごく当たり前なことなんです。

(誕生日の前か後かで若干違いますけど)

当たり前なんだけど、これがなぜか
ネットを通じてものすごく広がりました。

どうして人の心を掴んだのか?


これがどうしてこんなにシェアされたのか?

って、考えてみたんです。

「大量にシェアされた。」ということは、

「それだけ多くの人の心を掴んだ」

 ってことですよね?

ここからは、あくまでも私個人の予測ですが、

この話題のポイントは、

「全世界の人がみんなそうなる」
「次にこうなるのは1000年後」

という、

「今ここしか無い奇跡」
「ミラクルを共有しているっていう喜びや感動」
「この感動を誰かに伝えたい!」

じゃ、なかったかと。

今日、私の誕生日と生まれた日を足したら、なんと2020。
来年は2021です~♪

だったら、

「へ~~~」(・_・)

とはなるけど、

「誰かに教えたい!」とは

ならない。多分^^;
 
 
 2020年は、全世界の人がみんな当たり前の日常を失って、先の見えない不安や恐怖、人と触れ合う温かさを少なからず失った年でした。

 だからこそ、

「2020年という年が持っていた奇跡」
「それを世界中の人が共有していた
 という奇跡」

「2020年には意味があった」

っていう感動に、無意識に心を動かされたんじゃないかな~~~。

なんて、考察してみています。
少なくとも私はそうでした。
(^^)

・・・まあ、安易に信じて感動して、
「秒でシェア」しようとした私自身へは、

「特殊詐欺とか引っかかっちゃだめよ(汗)」

と、自ら突っ込んで置こうと思います。
(苦笑)

奇跡はこれから

 歴史に残る一年を、一緒に乗り越えられたことは、きっとそれだけで奇跡。

 ホント、これって、めちゃめちゃレベルアップしてると思いますよ!

 これからも一歩ずつ、これから起こる奇跡を楽しみに進んでいけたらと思います。


 

トリノメライフ
タテエツ

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください