やりたいことが着実にできる!8年越しで気づいた成長と改善に必要な2つの事

今日は午前中ZOOMで片づけのプロの方と相談会でした。

こんにちは!

構造と一級建築士20年の実績!

やさしい数字・分析・計画で
事業主様のビジネスアイディアをカタチにする〈スケジューリング・サポート〉

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

今回は、片づけのプロの方に、
私が相談する側で、個別相談をお願いしたんですが、

それはなぜか?っていうお話です。

私は、「働き方・生き方を変えよう!」
決めた8年前。

最初に片づけと整理収納の資格を取りました。

だから、片づけに関するいわゆる
「ノウハウ」は、ある程度あるんです。

だけど、それでもプロの方に相談するその理由。
それは、

自分の事は自分が1番見えていないことを知っているから。

今回の片づけのテーマは、
「長男と次男の子ども部屋」

なので、当然子どもたちに

どんな部屋にしたい?

今、散らかってて困ってることある?

と、聞きながら進めます。

でも、「親と子ども」っていう関係性の時は、
ついつい質問ではなくて「尋問」
なりがちなんですよね^^;

散らかってても、
物がすぐに取れるから
困ってないんだよね。

そう、困ってないんだ。

でも、現に今、よく忘れ物してるよね。
失くしものも多いし。
それは何が原因だと思う?

お母さんは、もう少し部屋が
片づいていたほうが、
絶対にいいと思うんだけどな。
どう?

・・・・みたいな感じ^^;

一見、話を聞いている「風」ですが、
明らかに親にとって都合が良い方に
誘導尋問してるんですよね。

気をつけていても無意識にやってしまいがち。
^^;

だから、時々、別の視点から客観的に見てもらうんです。

今回の片づけに限らず、
ビジネスでも夫婦関係でも同じ。

特に、

・ビジネスを誰かと一緒にやるとか、
・チームを作って指導する立場になるとか。

そういう時に責任感や目標達成が先に立ったり
数値だけを追ってしまうと、

本来大切にするべきもの

が、見えなくなりがちです。

本当にやりたい、叶えたい物があって、
がんばっている時ほど、

少し先を行く方、
・広い視野を持っている方、
・身近で見ていて、よく知ってくれている人。

そんな方に意見を聞いて、
素直に受け止める機会は絶対に必要です。

・・・まあ、そうは言っても。

なかなか素直に受け止められない
期間が私はすごく長くて^^;

タテエツさんの、
こことココとこれが悪いですよ! !

って、ストレートに言われたら

は?私だってガンバってるのに、何様?

もう少し言い方考えたら良いのに!

と、反発してしまっていました(滝汗)

そういう気持ちがムクッと起こるのは
人間だから仕方ないっていう部分は
あると思うんですよ。

でも、8年かかった私が振り返って実感するのは、

素直じゃない人は成長がめちゃくちゃ遅いです
↑私のことです(汗)

別に、貶めようとか、バカにしようと思って指摘してるわけではなくて、

こうすれば改善できる

こうすればもっと成長できる

っていうのが見えるから指摘してくださるんです。

それに反発してたら、改善のチャンスを
蹴ることになるので、すごくもったいないんですよね。

・・・って言うことにようやく気づけて、
実行できるようになってから、

色んな事がスルスルっと上手くいくようになったので、間違いないです!!!
私が保証します!(笑)

まとめ

・定期的に、人に客観的にみてもらうこと
・もらった意見は良いも悪いも素直に受け止めること
・受け止めたら実際の行動に落とし込むこと

参考になさってみてくださいね(^^)

あなたのやりたいことが
着実にできる毎日を応援しています!

トリノメライフ無料メールマガジン

副業・起業・個人事業主の方がタスク整理や優先順位つけ、
家庭と仕事のバランスを取るために手帳を活用するコツや、

行動し続けることでやりたいことが着実に実現できるようになるためのヒントをメールでお届けしています。

ぜひご登録ください!