シンプルだからこそいい!A6サイズメモ帳でタスク管理

こんにちは。

構造と一級建築士20年の実績!

やさしい数字・分析・計画で
事業主様のビジネスアイディアをカタチにする〈スケジューリング・サポート〉

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

新年始まっていかがお過ごしですか?

年末年始に限らず、最近は
6日以上続くような連休も多いですよね。

日常生活が始まってもペースが
戻りにくい・・・なんてことも
あるのではないでしょうか。

でも、やることは次から次へとやってきます(苦笑)

なので、今回は

サクサクと整理して片づけるために
A6メモ帳でタスク管理する方法

を、ご紹介したいと思います。

用意するものはA6サイズのメモ帳

用意するのはメモ帳

大きさはA6サイズ(A4の1/4)が、
個人的には使い勝手が良いと感じてます。

私が愛用しているのは、

リヒトラブのツイストリングシリーズ。

ルーズリーフのように、ページの差し替えができるの便利なんです(^^)

基本的な書き方

・開いて左上に「日付」
・その下に「物件名」

打ち合わせや電話を受けて発生した

「やらないといけない事」を

見開いて左側のページに書き入れます。

右側は空欄。

左側はかなり余裕がある状態ですが
詰め込まずに基本は1ページ1案件。

その案件に対して、やることを
チェックボックス付きで細かく書き出します。

(例)案件:「物件Aの図面1,2,3を描く」

□ 必要資料をコピー
□ データをメールフォルダからコピー
□ 図面1のチェックバック図面を見ながら修正
□ 図面2のチェックバック図面を見ながら修正
・・・・

という感じ。

終えたらチェックを入れたり
赤や青の線を引いて、
済んだことがわかるようにしておきます。

右側のページは、作業中に気づいたことや
後で確認が必要なことなど、あくまでも

「自分用のメモ」

という位置づけ。

ですから、時には真っ白なこともありますが
それでもOKです。

もし、途中で飛び込みで別の電話がかかってきたり
他の用事が入ってきたら、それは次のページへ。

同じように左側に書いていきます。

やり残したタスクには目印付箋

思ったとおりには進まなくて、
時には中断することもあります。

そんな時は

「まだ終わってないよ~~」

の目印として、付箋を貼っておきます。

右上にはみだしているのが目印付箋です。

こうすれば、メモページが先に進んでも
タスクが埋もれることはありません。

まとめ

・A6サイズのメモ帳を用意
・左側にタスク、右側はフリーメモ
・残った時は付箋で目印

とてもシンプル。

余白もたっぷりですが、
だからこそ、頭の中を整理するのが
とてもやりやすくなります。

サクサク進めて、日常のペースを取り戻してくださいね。

あなたのやりたいことが
着実にできる毎日を応援しています。
(*^^*)

トリノメライフ無料メールマガジン

副業・起業・個人事業主の方がタスク整理や優先順位つけ、
家庭と仕事のバランスを取るために手帳を活用するコツや、

行動し続けることでやりたいことが着実に実現できるようになるためのヒントをメールでお届けしています。

ぜひご登録ください!