世界にひとつだけの花 人と比べない自分を作る 手帳に書いたライフログ

うちの子、ホントいう事聞かないし、アレもダメでこれもダメで・・・

そんな風に言ってしまうことないですか?

こどものためを思ってあれこれ言うのに、
全然思う通りに動いてくれなかったら

つい、イライラすることもありますよね。
わかります。

でも。

本当は良いところ、沢山ありますよね?

ナンバーワンにならなくても良い。もともと特別なオンリーワン

(SMAP:世界に一つだけの花より)

良い言葉ですよね。

競争して追いつけ・追い越せ、という考え方が、成長に必要なこともあります。

けれど、一番になれなかったらダメって事は絶対になくて。

むしろ他の人にはない、自分の良さを見つけて認めることが、とても必要な時代になっているなあと感じます。

今回は「自分の良さを見つけるのに手帳を活用しましょう」そんなお話です。

世界にひとつだけの芽を枯らしてしまうのは

こんにちは!

商品サービスを
スムーズに届ける仕組み作り

PC苦手な事業主様のための
IT&リザスト設定サポーター

トリノメライフのタテエツこと
立石悦子です。

私もですが、みんな頭ではきっとわかってると思うんです。

ナンバーワンも大事だけど、オンリーワンも大事。

人と比較するんじゃなくて、
一人ひとりの良い所を見つめることが大事だよ

って。

みんな共感して、心に響いたから、「世界に一つだけの花」という曲は、世代を越えて日本中で大ヒットしたんだと思うんです。

ところで、「私には、こんな良いところがあります!」って、パッと言えます?

お子さんや奥さん、ご主人、親、兄弟。それぞれを思い浮かべて

この人(この子)には、こんな良いところがありますよ!

って、すぐ言えます?

子ども 後ろ姿 しまなみ

世間の一般常識では、人前で身内を褒めるって、なんか恥ずかしいこととされてしまうので、言葉にすることに慣れてないですよね。

私もずっとできなくて。今はだいぶ慣れました。。。というか、かなり誉めれますけど(笑)

もう、うちの旦那なんて仕事もできないし、家事も手伝わないし・・・

うちの嫁は、料理もできないし、太ってきたしいつもイライラしてて・・

謙虚なつもり、控えめなつもり、あるいは人の目を気にして。ついついこんな風に言っちゃいがちじゃないですか?

・・・・でもこれ、「謙虚」でも「控えめ」でもなく、

普通に「悪口」・・・になっちゃってますよね・・・・(汗)

もちろん、内心は全然悪く思って無くて、むしろ大事に思ってて。

人との会話の中だからそういう言葉になっちゃう、っていうことはあると思います。

でも、例え本心でなくても、口から出た瞬間にそれは「本心」扱いになっちゃうので、できれば使わない方がいい。

そして、この何気ないひとことが、「相手の中」そして「あなたの中」にある、

世界にひとつだけの花の「芽」を枯らしてしまうんじゃない?そんな風にも感じます。

ゴマすりじゃない オンリーワンを言葉にするには

私自身、これまで色々と生き辛かったし、いまだに出来ない事・ミスや失敗は沢山あります。

だから「いつも鈍くさくてごめんね~(;^_^A」という立ち位置ですごしてます(笑)

自分でそれがよ~~くわかってるから、人前で

こいつは料理も下手だし、要領悪いし・・・

みたいな事を言われたら、相当に心が折れますし、相手に対する怒りで心がいっぱいになります。

自分がされたらイヤだから、夫や子供のこと、人のことを人前で悪くは言わない

改善の1つとしてこれを心がけています。

そしたら、そもそも悪く思わなくなってきたので不思議。習慣って素晴らしい(笑)

「自分がされてイヤなことを人にしたらダメだよ」って、子供に伝えるためにも、

大人がまずやらない。って言うのは大事じゃないかなと。

じゃあ、「うちの子(夫)は本当にいい子で、賢くて・・・」と、言うのかというと、またそれも違うんですよね(^^;)

適切な言葉で伝えるには注意と慣れ。

就職したての頃に、仕事関係の人達と飲みに行った時のこと。

尊敬している先輩がいたので、私は純粋にスゴイなと思って伝えました。そうしたらそれを聞いていた人に

それって、ゴマすってんでしょ?

と言われたんです。

え!??違うよ!! 

と、驚くというか、腹が立ったんですが・・・。

伝える時の雰囲気や、言葉の選び方は、確かにゴマすりに聞こえたかも・・・と後々気がつきました。

ブログもそうですが、自分が伝えたいことや、良いと思っていること、おかしいと思っていること。

言葉を使って、意図したとおりに伝えるには注意と慣れが必要です。

慣れるためには数稽古が必要ですし、同じことでも色んな表現方法を持っていた方が良いですよね。

夫婦

子供のいいところにしたって「いい子」という表現だけじゃなく

・毎日笑顔で挨拶ができるよね
・ご飯を残さず食べるよね
・(完璧じゃなくても)お手伝いしようとしてくれるよね
・ちゃんと宿題やってるよね
・マインクラフトなら誰にも負けないよね(笑)

言葉に出すことに慣れると、いかにも取ってつけたような誉め言葉じゃない、自然な良さが見つかります。

この「自然に見つかる良さの集まり」が、オンリーワンなんだなあって思います。

自然に見つかる良さを手にするきっかけづくり

自分の良いところは、基本的に自分ではわかりません。

身近な人の良いところや、起こった出来事の価値も、目の前にあるその時にはわからないことが多いんです。

子供の頃の写真や、卒業アルバムなんかを見返すと、その時の出来事を思い出しますよね。

「あの時ケンカしたけど、あれもいい思い出だよね・・・」

「あの出来事がきっかけで、今の自分があるんだな」

その時見えなくても、時間が経つと見えることが沢山あります。

なんだかんだ言っても、結構がんばってきたよな、自分。

これまで乗り越えてきたこと、歩んできた道のり、過去の自分は、未来へ進む力をくれます。

その人生は、今、この瞬間も続いているんです。

だから、その軌跡をどこかに見える形で残しておくと、振り返った時に

人と比べないでいい、オンリーワンの良い所が沢山見つかります。

見える形で残しておくのにオススメなのが、手帳に残すライフログです。

ライフログを手帳のメモページに作ってみる

私は手帳を作る上で、能率・効率だけじゃなくて、何気ない日々のことを残していい

『 ゆるさ 』『 寄り添ってくれる温かさ 』

みたいなものを、すごく大切にしています。

関連記事>>トリノメ手帳のご案内

初めてフランクリン・プランナーを使った時、

その日のことを何でも書き残せるメモスペースがとても便利で、感激しました。

ほぼ日手帳を使っていたときは、

『 細かいルールは何もなくて、使う人次第 』
『 なんでもない日、おめでとう 』

そのコンセプトがとても心地よくて。

だから、自分で手帳を作るときもすごく思ったんですよね。

「自由にかけるメモページは削りたくない!」



その結果、

「ウィークリーの間に、毎週メモスペースが見開きで入る」という見たことがない形式になりました(笑)

メモページをめくる

メモにはもちろん使いますが、気になった新聞記事をコピーして貼ったり

子供たちがお絵かきをしてみたり。

そうそう、先日、初めて広島県三原の名物。「八天堂のクリームパン」を食べたんです♪
カープコラボだし、嬉しくなってパッケージを貼りました。

黄色い付箋は、ToDoリスト代わりのマインドマップ。

週の途中は、ウィークリーに貼りますが、終わったらメモページへ移動。

この週に何をやっていたか、すぐに思い出せます(*^^*)

日記は続けられないのですが・・・手帳はスケジュールを書くので、出来事が思い出せます。

気負わずに、気楽に続けることが一番のポイント。

この時間って、自分の心をすごく満たしてくれるんです。

幸せな気持ちになるし、イライラしていたこともふっと切り替えたり、忘れたりできます。

ママって、家の中の太陽です。

みんな何だかんだ言って甘えたかったりエネルギーチャージを求めてます。

そんな時に、包み込んであげられるように。

自分を満たす方法の一つとして、使っていただけると嬉しいです(#^^#)

手帳のメモページ、他にも旅の思い出帳として使っていたりします。

関連記事>>旅の思い出を手帳に残そう!私のメモページの使い方

https://torinome-life.com/memories-shimanami-cycling/

優しさに満ちた自分でいたいなあと思うので、自分自身を落ち着かせたり、整えることは大事。

ぜひ活用してみてくださいね。

トリノメライフ
タテエツ

【無料PDF冊子】
あなたの未来のお客様が増える時間の使い方チェック60

メルマガ登録でPDF無料プレゼント中!