苦手な分野を学び始める時のコツ

こんにちは。若竹夏夕(かゆう)です。

何か新しいことを学び始める時。
苦手な分野を学んでみようと思った時。

その分野に関する本を読むってとても有効ですよね。

でも、買ってみたはいいけど、読みきれなくて本棚へ、、、

なんてこと、ないでしょうか?
私はありますよ^^;

で、そんな時にオススメしたいポイントがこちら。

・できるだけ薄い本を選ぶ
・マンガになっているものを選ぶ

初心者の時ほど、気合を入れすぎてガッツリした本を選んでしまいがち。
でも、読みこなせなかったら本末転倒ですよね。
(自分に言ってます^^;)

最近はムック本や、有名なビジネス書がマンガ化されていたりします。

重要なエッセンスをギュッと絞ってまとめてあるので、初めて触れる分野、苦手な分野でもわかりやすいんです。

まずはこういうのを何冊か読んで、基礎体力をつけると、次にもっと専門的な本を読み始めた時に、すっと入ってきやすくなります。

私は経済のことについては全くの素人なんですが、少し勉強したいと思って今読んでいるのがこちら。

ピケティという経済学者の「20世紀の資本」という本を、初心者向けにわかりやすく解説した入門書と、マンガで解説したもの。

ストーリーに載せた説明や、Q&A形式で解説してあるので、わかりやすいです。
(とはいえ、まだご説明できるところまで行ってませんが^^;)

最初のステップや取っ掛かりはできるだけ簡単に。

これを意識するだけで、その後のスピードが全く違ってくるので、結果的に時間の節約になります。

歴史の教科書も、いっそ全部マンガだったら、一心不乱に読みふける気がするんですけど、、、どうかしら^^;

投稿者プロフィール

若竹夏夕(かゆう)
若竹夏夕(かゆう)
トリノメライフ 代表
トリノメ手帳・製作
やりたい事を着実にできる毎日を設計するスケジュールデザインをお伝えしています。

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

トリノメライフの最新情報や視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください