『スケジュールを管理するのではなく、
スケジュールをデザインする生き方へ。』

やりたい事が着実にできる
未来に羽ばたくスケジュールデザイン

トリノメライフ
タテエツこと、立石エツコです。

個人事業主や、起業・副業の方。
社会貢献したくて活動する方へ向けて、

やりたいことが着実にできるための
スケジューリング・サポートを提供しています。

トリノメライフのトリノメは、
鳥の瞳。

空を飛ぶ鳥の目線で見るように、
目の前でなく全体を見渡すこと。

自分の事だけでなく、周りの人、
世界のために心を配れる視点を大切に。

その結果、誰もが笑顔で抱きしめあえる、
優しさと愛に満ちた世界を作りたい。

そんな想いを込めています。

どんな暮らしがしたいですか?

そう聞くと、

「そんな事、考えたこともなかった」

という答えをいただく事も多いです。

どこへ向かうのか?を
わからずに日々を過ごすのは、

目的地を決めずに旅にでる

のに似ています。

行き当たりバッタリで出かけても
どこかには着くでしょうし、

その経験に、何一つムダはありません。

ただ、本当に自分が満足いく旅になるか?は、また別の話です。

自分が今どっちに向かっているのか。
どっちに向くべきか。

鳥の目(=トリノメ)のような高い目線で見渡す

それは、

人生という旅を満足いくものにするためには
絶対に必要だ

と、トリノメライフは考えています。

トリノメのきっかけ

私は父が左官職人、祖父が大工。
その血を引いたのか、幼い頃からものづくりが好きで。

家を作ることに憧れ建築の道へ進みました。

段取りベタで、要領も悪い。
その結果、残業しないと間に合わなくて
いつも仕事最優先。

そんな私にブレーキをかけたのが、
当時3歳の長男でした。

お母さんに読んでもらおう♪

お母さんっ子の長男は、絵本を手に
毎晩待ってくれていましたが、
私は帰りませんでした。

1度じゃありません。
何度も何度も、何度も。

そんなある夜、

待ちくたびれて
真っ暗な部屋で
絵本を抱えて眠る

長男の姿を見てしまったんです。

私は、何をしているんだろう?
このままの生き方を続けていたら、
どうなるんだろう?

幼い子がお母さんを必要とするのは、
長い人生のうち、本当に僅かな時間なのに。

こっちじゃない。
私の望む生き方ってこっちじゃない。

自分の人生に、ウソはつきたくない

今でこそ、初めての人に会いに行ったり、
未経験のことにチャレンジしたり、

人前に出ていく機会の多い私ですが、

実は幼い頃から引っ込み思案で
人付き合いも苦手。よく一人ぼっちになっていました。

私なんて居なくてもいいんだ。。。

と、真剣に思っていたくらい(苦笑)

だからこそ

自分を必要としてくれる人や
目の前の人に笑顔になってもらうこと
って、

私にとってはものすごく大切。だから決意したんです。

やめよう。
この生き方、働き方を変えよう。

自分の本音にウソをついて生きるのは
もうヤメにしよう。

今の自分は、自分のことを
カッコいいと思えるかどうか

自分の本音にフタをしないで、
例え、人に否定されても、
思うように事が進まなくても。

無理やりガマンしたり
感情的に怒ったりすることなく、

言い訳もせず、冷静に穏やかに。

淡々と自分のやるべきことをやって、
進みたい方向に着々と進む。

自分のことだけでなく、
高い視点と広い視野を持って
人と接したり、行動ができる。

そんな芯の強さとしなやかさを持った人って
カッコいいと思いませんか?

最初、手帳を使って目標設定をしても
思い通りにいかなくてイライラしたり、
焦って八つ当たりすることがよくありました。

「しなやかさ」なんて無くて、
めちゃくちゃカッコ悪くて
(苦笑)

でも、人生を変える日記に出会い、
日記と手帳を組み合わせることで

優先順位つけや、スケジューリングが
上手くいかない理由がわかり、
改善できるようになったんです。

やりたいこと、大切なことが
着実にできるようになると、

自分に自信がつくし、笑顔になるし、
冷静で、穏やかでいられるんですよね。

カッコいい自分でいられること。

それも、トリノメライフの目指す姿の一つです。

誰かの人生を幸せにする。そして
自分自身の人生を大切にする

人って余裕がない時は
他人に対して攻撃的になります。

今、そんな人が多いと思いませんか?

割れたグラス

傷ついたり悲しい現実を見る度に
思うんです。

何かおかしい、何かおかしい。
こんなのは絶対におかしい!

これは私の持論ですが、

人は、誰かを幸せにするために生まれてきたんだと思います。

幸せな人は、優しさや思いやりを持って
人に接する事ができますよね。

A contented mind is a parpetual feast.


心が満ち足りていれば、
お金や物があるかどうかに関係なく、幸せが続く

日記と手帳を組み合わせたスケジューリングで

個人事業主や起業・副業を目指す方、
世の中をもっとよくしたいと活動する方の
やりたい事や、想いや力を形にして、

それが世の中に届くことで、優しさや笑顔が
循環する。

しかもカッコいい生き方で(笑)

そんな世界を作ることがトリノメライフの夢です。

このトリノメライフの世界観にピッタリの動画をご紹介します。
ぜひご覧ください。

(出典:YouTube ASKA Official Channel

こんな世界をあなたと一緒に、
子どもたちと一緒に作りたいと思っています。

立石エツコ(タテエツ)

トリノメライフ無料メールマガジン

トリノメライフの最新情報や視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
ぜひご登録ください。